きりんカルテ 操作マニュアル

患者登録・受付

このマニュアルでは新規で患者が来院した場合の患者情報の登録・受付の方法を中心に説明します。

『きりんカルテ』患者登録・受付マニュアルを

きりんカルテ 操作マニュアル

患者登録・受付

Ver. 3.0

もくじ

きりんカルテ 患者登録・受付


アイコン・ボタン説明

『きりんカルテ』内や操作マニュアル内で共通して表示されるアイコンやボタンについて、それぞれの呼び方と内容についての説明です。

メッセージアイコン

同じクリニックのユーザー同士でメッセージを送るときに使用します。

アカウントアイコン

ユーザーメニューを操作するときに使用します。

編集アイコン

所見欄、オーダー編集やマスタメンテナンス画面などで選択した項目内容を編集するときに使用します。

ゴミ箱アイコン

所見欄、オーダー編集やマスタメンテナンス画面などで選択した項目を削除するときに使用します。

カルテを開くアイコン

カルテを開くときに使用します。

リスト更新ボタン

受付リストを更新するときに使用します。

新規患者登録アイコン

新規に患者様を登録するときに使用します。

カレンダーボタン

カレンダーを表示するときに使用します。

虫眼鏡ボタン

患者様やカルテ、薬剤、オーダーを検索するときに使用します。

薬剤情報ボタン

薬剤情報を確認するときに使用します。


使い方患者登録・受付

患者が来院した際の受付の流れ

1.新規での来院の場合

新規で患者が来院した場合の流れをご説明します。

  1. 患者を検索する
    患者が来院したら、まずは、過去に来院歴がないか確認を行います。
    患者の検索方法は『再来での来院の場合 > 2-1.絞り込み検索機能』をご参照ください。
  2. 新規患者登録を行う
    患者の履歴が残っていないことを確認できたら、新規患者登録を行います。
    新しく患者を登録する方法は『2.新規患者登録手順』をご参照ください。
  3. 受付をする
    新規患者登録を行った流れで、そのまま受付登録を行います。
    患者の受付方法は『3.受付登録』をご参照ください。

受付の流れトップに戻る

2.再来での来院の場合

患者の再来院時は、絞り込み検索機能で来院した患者の患者情報を検索します。
また、再来患者の場合、前回以前の診療内容の確認もできます。

2-1.絞り込み検索機能

まずは、来院した患者を検索します。

    検索バー
  1. 画面上部の検索バーに患者情報を入力し、検索を行います。
    検索バーでは「診察券番号」、「生年月日」、「姓」、「名」「姓カナ」、「名カナ」のいずれかを入力し、[ ](虫眼鏡アイコン)を選択します。

    ※未入力の状態で検索を行うと、登録されている全ての患者が検索対象となります。検索結果が500件を超える場合は500件までの検索結果が表示されますので、生年月日や氏名等の条件を追加して再度検索を行ってください。
    ※[ 全てクリア ]を選択すると、入力した項目が全てクリアされます。すでに検索している場合は検索結果はリセットされません。
  2. 検索結果ヘッダー部分の左側に絞込検索に使用した条件と検索結果の件数が表示されます。
    右側の[ ](閉じるアイコン)選択するとリストを隠します。再選択([ ](開くアイコン)を選択)でリストを表示します。
  3. 検索結果から受付したい患者を選択し、画面右側の[ 受付する ]を選択します。 受付登録画面が表示されたら、『3.受付登録』を参考に、受付を行ってください。

再来での来院の場合トップに戻る

2-2.カルテ履歴確認

検索、もしくは受付した患者を選択すると、画面右側に患者情報が表示されます。
再来患者の場合、前回以前の診療内容が素早く確認できます。

カルテ履歴エリア内に、カルテ履歴が表示されます。
日時部分を選択すると、その日のカルテ履歴を閉じます。日時部分を再度選択すると、再びカルテ履歴を表示します。
こちらの画面はカルテ履歴の表示のみとなります。ここから直接カルテの内容を編集することはできません。

再来での来院の場合トップに戻る

1.外来受付リストについて

受付リストは3つに分かれており、患者の診察状況のステータスにより位置するリストが変わります。
画面左半分は受付リストエリア、右半分に選択した患者の情報が表示されます。

  1. 外来受付リスト当日来院され受付した患者の一覧です。受付済み(診察待ち)、診察中の患者が一覧表示されます。
  2. 会計待ちリスト診察が済み、会計待ちの患者が一覧表示されます。
  3. 会計済みリスト会計が終了した患者が一覧表示されます。
  4. 患者情報エリア各リストから患者を選択すると、その患者情報とメニューが表示されます。
  5. ユーザーメニュー画面右上のユーザーアイコンを選択すると「ユーザーメニュー」が開きます。

2.新規患者登録手順

新規の患者に対して、患者登録をしてみましょう。
画面左上の[ 患者登録 ]を選択します。

【患者登録画面構成】

姓名、姓名カナ、生年月日などの必要情報を入力します。
入力が終わったら、[ 登録する ]または[ 登録&受付 ]を選択します。
登録する ]を選択すると、患者登録画面を終了します。
登録&受付 ]を選択すると内容を登録後、受付登録画面が開きます。

2-1.生年月日の入力方法

生年月日については、入力方法が3つあります。

例) 1967(昭和42)年4月6日生まれの場合

  1. 西暦で入力する方法(半角入力)
    ⇒ [ 19670406 ]と入力すると、昭和42年4月6日 ※入力する西暦年月日を『1967/4/6』のように『 / 』(半角スラッシュ)で区切ったり、『 - 』(半角ハイフンマイナス)、『 . 』(半角ドット)で区切っても問題ありません。
  2. 元号を和暦記号で入力する方法(半角入力)
    M:明治 T:大正 S:昭和 H:平成 R:令和 (小文字も可)
    ⇒ [ S420406 ]と入力すると、昭和42年4月6日
  3. 元号を数字記号に置き換えて入力する方法(半角入力)
    1:明治 2:大正 3:昭和 4:平成 5:令和
    ⇒ [ 3420406 ]と入力すると、昭和42年4月6日

新規患者登録手順トップに戻る

2-2.テスト患者フラグについて

[ テスト患者 ]を選択すると、テスト患者として登録されます。
テスト患者の場合、レセプトデータは作成されません。入力練習用患者としてご使用ください。
※テスト患者で入力しても、本番環境で入力した内容のログ(いつだれがどのような登録をしたかの記録)を削除することはできません。

新規患者登録手順トップに戻る

2-3.同姓同名リスト確認画面

患者登録時に同姓同名の患者がいる場合、次の画面が表示されます。
同一患者でない場合は[ 登録する ]または[ 登録&受付 ]を選択します。
同姓同名リストに同一患者がいる場合はその患者の[ 選択 ]を選択します。

新規患者登録手順トップに戻る

3.受付登録

3-1.受付登録手順

患者登録後、[ 登録&受付 ]を選択すると、「 外来受付登録 」画面が開きます。
再来の患者の場合、患者検索後、画面右側の[ 受付する ]を選択します。

    【受付登録画面構成】
  1. 診療種別を選択します。複数選択可。
  2. 患者位置を選択します。
  3. 担当医師を選択します。
  4. 受付する ]を選択します。

受付が完了すると、外来受付リストに患者名が表示されます。

受付登録トップに戻る

3-2.複数診療科の場合の画面表示
    【複数診療科の場合の受付登録画面構成】
  1. 診療科を選択します。複数診療科の場合のみ診療科を選択できます。
  2. 診療種別を選択します。
  3. 患者位置を選択します。
  4. 担当医師を選択します。
  5. 患者に関する事柄で共有したいことがある場合にコメントを入力します。
  6. 緊急優先フラグにチェックを入れた場合、受付順が優先的に高くなります。
  7. 受付する ]を選択します。
  8. 受付内容に、受付時の診療科と診察種別が表示されます。
  9. 患者位置は変更できます。
  10. 患者情報エリアにも、診療科が表示されます。
  11. 会計後、カルテ履歴にも診療科が表示されます。

外来受付リストは診療科、診療種別、担当医師でフィルタリングすることが可能です。

受付登録トップに戻る

4.問診登録

  1. 外来受付画面の外来受付リストより患者を選択し、[ 問診登録 ]を選択します。
  2. 問診内容選択から任意の問診票のテンプレートを選択します。
    ※問診票のテンプレートは医療機関毎に作成することができます。
    (最初は「問診サンプル」のみ用意されています。)
  3. 患者の氏名や生年月日等の情報が記載された問診票を印刷する場合は、[ 印刷 ]を選択します。
  4. プレビュー画面が表示されたら、[ 印刷 ]を選択して印刷を行います。 ※ブラウザのバージョンによってプレビュー画面の仕様が変わる場合があります。
  5. 問診票の記載内容を問診登録画面に入力し、[ 登録 ]を選択します。
  6. 問診登録が完了すると、外来受付リストの状態と右側の患者情報に「問診済み」と表示されます。
<注意点>
    きりんカルテでは「問診登録機能」を診療補助機能として提供しているため、問診登録の内容はカルテ2号用紙に掲載されません。カルテ2号用紙に問診内容を反映する場合は、問診内容をカルテの所見に登録してください。
  1. 問診済みの患者のカルテを開くと所見欄の最上部に問診内容が表示されます。
  2. FreeおよびSOAPからコピー先を選択すると、問診内容がすべてコピー先に反映されます。
  3. 反映された内容を編集し、所見の登録、カルテ更新を行ってください。

5.患者プロファイル

患者基本情報やアレルギーなど、患者特有の情報を登録しておくメニュー画面です。
受付画面から対象患者を選択し、画面右側の「プロファイル」メニューを選択して、プロファイル画面を開きます。

  1. 患者基本情報診察券番号、姓名、生年月日、連絡先など患者の基本的な情報を登録します。
  2. 特異情報体内留置物や感染症など患者の特異情報を登録します。
  3. アレルギー禁忌歴アレルギー、禁忌歴を登録します。
  4. 既往歴患者の既往歴を登録します。
  5. 薬歴患者の薬歴を登録します。
  6. 予防接種状況患者の受けた予防接種を登録します。
  7. 患者メモ・タスク患者に関するメモや患者へのタスクを登録します。
  8. ファイル管理患者に紐付けて画像ファイル、PDFファイルを登録・管理できます。
  9. バイタルデータ患者の身長、体重、血圧などのバイタルデータを登録します。
  10. 出生状況患者の出生時の情報を登録できます。
  11. カルテ印刷患者のカルテを2号用紙で印刷できる機能です。

6.特異情報

患者の感染症情報、妊娠情報、障害情報などを登録する画面となっております。
患者のプロファイル画面を開き、画面右側の[ 特異情報 ]メニューを選択して「特異情報」画面を開いてください。

  1. 体内留置物体内留置物の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  2. 人工肛門人工肛門の有無の登録を行います。
  3. 運動障害運動障害の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  4. 聴覚障害聴覚障害の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  5. 視覚障害視覚障害の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  6. 言語障害言語障害の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  7. 排泄障害排泄障害の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  8. 知覚障害知覚障害の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  9. 感染症感染症の有無の登録を行います。コメントの入力も可能です。
  10. 妊娠の有無妊娠の有無の登録を行います。
  11. 最終月経最終月経を入力します。
  12. 透析の有無透析の有無の登録を行います。
  13. 酸素療法酸素療法の有無の登録を行います。
  14. 尊厳死希望の有無尊厳死希望の有無の登録を行います。
  15. 臓器提供希望の有無臓器提供希望の有無の登録を行います。
  16. 宗教宗教を入力します。
  17. 登録する ]特異情報に入力した情報で確定し、編集します。

感染症情報を登録すると、受付画面の患者情報や患者カルテの画面上に「感染症」というアイコンが表示され、カーソルをアイコン上に持って来ると感染症コメント欄に入力した内容が表示されます。

外来受付画面
カルテ画面

また、「感染症」アイコンをクリックすると患者プロファイルの「特異情報」画面が表示され、詳細を確認することができます。

7.アレルギー禁忌歴

受付画面から対象患者を選択し、画面右側の「プロファイル」メニューを選択しプロファイル画面を開きます。
画面右側メニューの「アレルギー禁忌」を選択します。
画面上部が「アレルギー一覧」エリア、画面下部が「禁忌歴一覧」エリアとなっております。

7-1.アレルギー
  1. アレルギー情報の新規登録
    アレルギー一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、新規登録ができます。 選択すると、アレルギー情報画面が表示されます。

      【アレルギー情報画面】
    1. 種別 アレルギーの種別を入力します。必須入力です。
      種別は候補リストから選択することができます。選択肢がない場合は直接入力することもできます。
    2. 名称アレルギーの名称を入力します。必須入力です。
      名称は選択された種別の候補となる名称が選択できるようになっています。入力欄に選択肢がない場合は直接入力することもできます。
    3. 例)寒暖差アレルギーを登録したい場合
      「寒暖差アレルギー」はどのアレルギー種別にも存在しないため、直接入力で登録。
    4. 有無アレルギーの有無を選択します。
    5. 症状症状を入力します。
    6. コメント備考等がある場合に入力します。
    7. 発現日アレルギーの発現日を入力します。
    8. 消失日アレルギーの消失日を入力します。カレンダーから選択することも可能です。
    9. 情報提供日アレルギーの情報提供日を入力します。カレンダーから選択することも可能です。
    10. 情報提供者アレルギーの情報提供者を入力します。
    11. 確認者アレルギーの確認者を入力します。
    12. 確認日アレルギーの確認日を入力します。カレンダーから選択することも可能です。
    13. 確認機関アレルギーの確認機関を入力します。
    14. [ 削除 ]アレルギー情報を削除します。アレルギー一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    15. [ キャンセル ]アレルギーの追加や編集をキャンセルします。
    16. 登録する ]アレルギー情報画面に入力した情報で確定し、追加します。
  2. アレルギー情報の表示
    アレルギー情報を登録すると、受付画面の患者情報や患者カルテの画面上に「アレルギー」というアイコンが表示され、カーソルをアイコン上に持って来るとアレルギーの種類が表示されます。
    受付画面
    カルテ画面
    また、「アレルギー」アイコンをクリックすると患者プロファイルの「アレルギー禁忌歴情報」画面が表示され、詳細を確認することができます。
  3. アレルギー一覧
    登録したアレルギー情報がアレルギー一覧に表示されます。 アレルギー一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録したアレルギー情報を編集することができます。
    編集項目はアレルギー情報画面を参照してください。
  4. アレルギー情報の削除
    アレルギー一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示されたアレルギー情報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択するとアレルギー情報が削除されます。

アレルギー禁忌歴トップに戻る

7-2.禁忌歴
  1. 禁忌歴情報の新規登録
    禁忌歴一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、新規登録ができます。 選択すると、禁忌歴情報画面が表示されます。

      【禁忌歴情報画面】
    1. 禁忌対象名禁忌対象を入力します。必須入力です。
    2. 禁忌コメント禁忌コメントを入力します。
    3. [ 削除 ]禁忌歴情報を削除します。禁忌歴一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    4. [ キャンセル ]禁忌歴の追加や編集をキャンセルします。
    5. 登録する ]禁忌歴情報画面に入力した情報で確定し、追加します。
  2. 禁忌歴一覧
    登録した禁忌歴情報が禁忌歴一覧に表示されます。 禁忌歴一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録した禁忌歴情報を編集することができます。
    編集項目は禁忌歴情報画面を参照してください。
  3. 禁忌歴情報の削除
    禁忌歴一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示された禁忌歴情報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択すると禁忌歴情報が削除されます。

アレルギー禁忌歴トップに戻る

8.既往歴

既往歴画面では、患者が過去に罹患した病気や怪我などの情報を管理します。
対象患者のプロファイル画面を開き、画面右側メニューの「既往歴」を選択します。

  1. 既往歴情報の新規登録
    既往歴一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、既往歴情報画面が表示され、新規登録ができます。
      【既往歴情報画面】
    1. 疾病名疾病名を入力します。必須入力です。
    2. 発病時期発病時期を入力します。カレンダーから選択することができます。
    3. 発病年齢患者の生年月日と入力された発病時期から当時年齢を算出し、表示します。
      例)30歳0ヶ月
    4. 医療機関名医療機関名を入力します。
    5. 治療内容治療内容を選択します。
      「診察」、「検査」、「治療」、「投薬」、「入院」、「手術」、「輸血」、「その他」から複数選択可能です。
    6. 転帰転帰を選択します。
      「治癒」、「中止」、「死亡」、「移行」のいずれか1つを選択します。
    7. コメントコメントを入力します。
    8. [ 削除 ]既往歴情報を削除します。既往歴一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    9. [ キャンセル ]既往歴の追加や編集をキャンセルします。
    10. 登録する ]既往歴情報画面に入力した情報で確定し、追加します。
  2. 既往歴一覧
    登録した既往歴情報が既往歴一覧に表示されます。 既往歴一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録した既往歴情報を編集することができます。
    編集項目は既往歴情報画面を参照してください。
  3. 既往歴情報の削除
    既往歴一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示された既往歴情報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択すると既往歴情報が削除されます。

既往歴トップに戻る

9.薬歴

対象患者のプロファイル画面を開き、画面右側メニューの「薬歴」を選択します。

  1. 薬歴情報の新規登録
    薬歴一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、薬歴情報画面が表示され、新規登録ができます。
      【薬歴情報画面】
    1. 薬剤種別薬の種別を選択します。
    2. 薬剤名薬剤名を入力します。
    3. 薬剤量薬剤の処方量を入力します。
    4. 用法用量用法用量を入力します。
    5. コメントコメントを入力します。
    6. [ 削除 ]薬歴情報を削除します。薬歴一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    7. [ キャンセル ]薬歴の追加や編集をキャンセルします。
    8. 登録する ]薬歴情報画面に入力した情報で確定し、追加します。
  2. 薬歴一覧
    登録した薬歴情報が薬歴一覧に表示されます。 薬歴一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録した薬歴情報を編集することができます。
    編集項目は薬歴情報画面を参照してください。

    薬歴一覧は「薬剤種別」で表示の絞り込みが可能です。
  3. 薬歴情報の削除
    薬歴一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示された薬歴情報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択すると薬歴情報が削除されます。

薬歴トップに戻る

10.患者メモ・タスク

患者に関して、注意事項等を記録することができます。
対象患者の「プロファイル」画面を開き、画面右側の「患者メモ・タスク」メニューを選択します。
画面上部が「患者メモ一覧」エリア、画面下部が「患者タスク一覧」エリアとなっております。

10-1.患者メモ
  1. 患者メモ情報の新規登録
    患者メモ一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、「患者メモ情報」画面が表示され、新規登録ができます。
      【患者メモ情報画面】
    1. 記入日患者メモ記入日を入力します。必須入力です。カレンダーから選択することもできます。
    2. カテゴリ 患者メモのカテゴリを選択します。選択肢に適切なカテゴリがない場合は直接入力することもできます。
    3. メモ患者メモ内容を入力します。必須入力です。
    4. ラベルラベルを選択すると受付画面などの患者名横に[ ● ]が表示されます。詳細は後述の「患者メモ情報の表示」を参照してください。
      ラベルは重要度やカテゴリ分けいろいろな使い方ができます。
    5. 基本情報表示[ 表示する ]を選択すると受付画面などに[ 患者メモ ]アイコンや患者メモ内容が表示されます。詳細は後述の「患者メモ情報の表示」を参照してください。
    6. [ 削除 ]患者メモ情報を削除します。患者メモ一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    7. [ キャンセル ]患者メモの追加や編集をキャンセルします。
    8. 登録する ]患者メモ情報画面に入力した内容で確定し、追加します。
  2. 患者メモ情報の表示
    (1) ラベル
    患者メモ情報登録時に「ラベル」を選択すると、受付画面などの患者名横に「●」が表示されます。
    重要なメモの場合にラベルをつけて院内スタッフに注意を促したり、重要度によって色を変えることができます。

    (2) 基本情報表示
    患者メモ情報登録時に「基本情報表示」を選択すると、受付画面の患者情報や患者カルテの画面上に「患者メモ」というアイコンと患者メモ内容が表示されます。
    「患者メモ」アイコンをクリックすると患者プロファイルの「患者メモ・タスク」画面が表示され、詳細を確認することができます。
  3. 患者メモ一覧
    登録した患者メモ情報が患者メモ一覧に表示されます。 患者メモ一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録した患者メモ情報を編集することができます。
    編集項目は患者メモ情報画面を参照してください。
  4. 患者メモ情報の削除
    患者メモ一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示された患者メモ情報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択すると患者メモ情報が削除されます。

患者メモ・タスクトップに戻る

10-2.患者タスク
  1. 患者タスク情報の新規登録
    患者タスク一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、「患者タスク情報」画面が表示され、新規登録ができます。
      【患者タスク情報画面】
    1. 対応予定日患者タスクの対応予定日を入力します。カレンダーから選択することも可能です。
    2. カテゴリ患者タスクのカテゴリを選択します。選択肢に適切なカテゴリがない場合は直接入力することもできます。
    3. 連絡手段連絡手段を選択します。「電話」、「メール」、「郵便」、「その他」から1つを選択してください。
    4. 対応状況対応状況を選択します。「未対応」、「電話に出なかった。再度連絡が必要」、「電話に出なかった。留守電を入れた」、「折り返し連絡を頂ける予定」、「その他」から1つを選択してください。
    5. 対応者患者タスクの対応者を選択します。
    6. ステータス患者タスクの状態(ステータス)を選択します。「未対応」、「再連絡」、「対応済み」から1つを選択してください。
    7. コメントコメントを入力します。
    8. [ 削除 ]患者タスク情報を削除します。患者タスク一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    9. [ キャンセル ]患者タスクの追加や編集をキャンセルします。
    10. 登録する ]患者タスク情報画面に入力した内容で確定し、追加します。
  2. 患者タスク一覧
    登録した患者タスク情報が患者タスク一覧に表示されます。 患者タスク一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録した患者タスク情報を編集することができます。
    編集項目は患者メモ情報画面を参照してください。
  3. 患者タスク情報の削除
    患者タスク一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示された患者タスク情報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択すると患者タスク情報が削除されます。

患者メモ・タスクトップに戻る

11.ファイル管理

ファイル管理では、スキャンした画像の確認や、カテゴリ分類の編集、画像ファイルやPDFファイルの登録を行います。

  1. 対象患者のプロファイル画面右側のメニューから[ ファイル管理 ]を選択します。
  2. ファイル管理画面に日付行が表示され、各日付行にはその日に追加登録した画像や複合機からスキャンした画像が表示されます。
  3. ファイル管理画面左上の入力欄でカテゴリー毎に絞込みをすることができます。
    (カテゴリーの分類はファイル取り込み時に指定します。)
  4. 続いて、パソコン上の画像ファイルをファイル管理に追加登録する方法です。
    ファイル管理画面右上の[ 追加 ]を選択します。
  5. 画像登録画面左上の[ ファイル選択 ]を選択し、表示されたファイル選択ダイアログで取り込みたいファイルを選択して[ 開く ]を選択します。 ドラッグ&ドロップで選択することも可能です。
  6. カテゴリを選択して、[ 登録する ]を選択します。 ※取り込むことのできるファイルサイズは2Mバイトまでです。
  7. 取り込んだ画像は下記のように表示されます。
  8. 取り込んだ画像にカーソルをあてると、[ 拡大 ]アイコンが表示されます。
    [ 拡大 ]を選択すると、取り込んだ画像が拡大されます。
    画像右上の[ × ]を選択すると、拡大した画像が閉じます。
  9. 取り込んだ画像を選択すると[](編集アイコン)が表示されます。 「画像カテゴリ」の変更やコメントの編集を行うことができます。
    編集後、[ 登録する ]を選択すると、内容を保存します。
    [ キャンセル ]、または画面右上の[ × ]を選択すると、変更内容を破棄して、編集画面を閉じます。
  10. 取り込んだ画像ファイルを削除したい場合は、ファイルの上で[ ](ゴミ箱アイコン)を選択します。
    [ 削除 ]が表示されますので選択してください。
    確認メッセージが表示されたら、[ OK ]を選択します。

ファイル管理トップに戻る

12.バイタルデータ

バイタルデータ画面では患者のバイタルデータ(身長、体重、血圧などの情報)の登録、管理を行います。
対象患者の「プロファイル」画面右側のメニューより[ バイタルデータ ]を選択します。 画面上部が「成長曲線」エリア、画面下部が「血圧」エリアとなってます。

12-1.成長曲線
  1. 成長曲線情報の新規登録
    成長曲線一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、「成長曲線情報」画面が表示され、新規登録ができます。
      【成長曲線情報画面】
    1. 測定日測定日を入力します。必須入力です。カレンダーから選択することもできます。
    2. 測定年齢患者の生年月日から測定日当日の年齢を自動算出し表示します。
    3. 身長身長をcm単位で入力します。
    4. 体重体重を入力します。単位を「kg」、「g」から選択できます。
    5. 胸囲胸囲をcm単位で入力します。
    6. 頭囲頭囲をcm単位で入力します。
    7. カウプ指数患者の測定時年齢、身長、体重から自動算出し、一覧にのみ表示します。
    8. BMI患者の測定時年齢、身長、体重から自動算出し、一覧にのみ表示します。
    9. コメントコメントを入力します。
    10. [ 削除 ]成長曲線情報を削除します。成長曲線一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    11. [ キャンセル ]成長曲線情報の追加や編集をキャンセルします。
    12. 登録する ]成長曲線情報画面に入力した内容で確定し、追加します。
  2. 成長曲線一覧
    登録した成長曲線情報が成長曲線一覧に表示されます。 成長曲線一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録した成長曲線情報を編集することができます。
    編集項目は成長曲線情報画面を参照してください。
  3. 成長曲線グラフ
    成長曲線一覧の右上の[ 0-24か月 ]、[ 0-18歳 ]を選択すると性別、年齢ごとの平均身長、平均体重などがグラフで確認することができます。
    測定時年齢が18歳以下の成長曲線情報が登録されている場合、身長(赤丸)、体重(青丸)がグラフ内にマークされます。
  4. 成長曲線情報の表示

    (1) 問診登録時に入力された身長、体重もプロファイルのバイタルデータ(成長曲線情報)として登録されます。
    問診から登録された成長曲線情報も変更可能ですが、成長曲線情報画面で編集した内容は問診には反映されません。

    (2) 直近の測定日の身長、体重が患者基本情報に表示されます。
  5. 成長曲線情報の削除
    成長曲線一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示された成長曲線情報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択すると成長曲線情報が削除されます。
    ※問診から登録された成長曲線情報の削除も可能ですが、成長曲線情報画面で削除しても問診内容には反映されません。

バイタルデータトップに戻る

12-2.血圧
  1. 血圧情報の新規登録
    血圧一覧の右上の[ 追加 ]を選択すると、「血圧情報」画面が表示され、新規登録ができます。
      【血圧情報画面】
    1. 測定日測定日を入力します。必須入力です。カレンダーから選択することもできます。
    2. 血圧血圧上に最高血圧(収縮期血圧)、血圧下に最低血圧(拡張期血圧)を入力します。ともに必須入力です。
    3. [ 削除 ]血圧情報を削除します。血圧一覧の[](編集アイコン)から表示したときのみ選択できます。
    4. [ キャンセル ]血圧情報の追加や編集をキャンセルします。
    5. 登録する ]血圧情報画面に入力した内容で確定し、追加します。
  2. 血圧一覧
    登録した血圧情報が血圧一覧に表示されます。 血圧一覧の[](編集アイコン)を選択すると、登録した血圧情報を編集することができます。
    編集項目は血圧情報画面を参照してください。

    問診登録時に入力された血圧情報もプロファイルのバイタルデータとして登録されます。
    問診から登録された血圧情報の編集も可能ですが、血圧情報画面で編集した内容は問診には反映されません。
  3. 血圧情報の削除
    血圧一覧の[](編集アイコン)を選択し、表示された血圧報画面で[ 削除 ]を選択します。 確認メッセージで[ OK ]を選択すると血圧情報が削除されます。
    ※問診から登録された血圧情報の削除も可能ですが、血圧情報画面で削除しても問診内容には反映されません。

バイタルデータトップに戻る

13.カルテ印刷

きりんカルテではカルテ2号用紙の印刷ができます。
※カルテ1号用紙、3号用紙はORCA側での作成となります。カルテ1号用紙、3号用紙の印刷はORCA管理機構ウェブサイトに掲載のマニュアルを参考にしてください。

対象患者の「プロファイル」画面右側のメニューより[ カルテ印刷 ]を選択します。

13-1.カルテ2号用紙の印刷方法
  1. 出力期間を入力して[ 確認 ]を選択すると対象期間の来院履歴が表示されます。
    来院履歴がある状態で[ 印刷 ]を選択するとカルテ2号用紙のプレビュー画面が表示されます。
  2. カルテ2号用紙のプレビューが表示されます。 ※ブラウザのバージョンによってプレビュー画面の仕様が変わる場合があります。
<注意点>

問診登録の内容はカルテ2号用紙に記載されません。カルテ2号用紙に記載したい場合は、当マニュアル『4.問診登録』をご確認ください。

カルテ印刷トップに戻る