3省3ガイドライン対応

医療機関が電子カルテや医用画像などの診療データをパブリッククラウドなど民間事業者が運営する外部設備に保存する際には、「3省3ガイドライン」に準拠する必要があります。『カルテZERO』を使えばこのガイドラインに準拠することが可能です。

3省3ガイドライン
とは?

厚生労働省、経済産業省、総務省が出している以下の3つのガイドラインを指します。厚生労働省のガイドラインは主に医療機関が、経済産業省・総務省のガイドラインは主に電子カルテベンダーが準拠すべき内容を記載しています。

厚生労働省
「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版」
(2017年5月発行)
総務省
クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(第2版)
(2018年7月)
経済産業省
「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン 第2版」
(2012年10月発行)

各省ウェブサイトはこちら

対応例

『カルテZERO』では経済産業省・総務省のガイドラインに則り、安全性の高いデータセンターや定期的にバックアップをとることでデータ保護の施策を行っています。また、保管しているデータは最新の暗号化技術で保護し盗難・改ざんを防止しています。
詳細については以下のリンク先よりご覧ください。