きりんカルテ 機器連携

『きりんカルテ』では、クリニックで必要不可欠な外部機器との連携も充実。
業務の精度・効率をさらに向上させます。

機器連携をご検討の場合、連携をご希望の端末にはWindows10を選定いただきますようお願いいたします。
Windows10以外の端末には対応しておりません。

連携方式

  • 起動連携

    電子カルテ画面内の[起動連携]ボタンから、直接機器を起動させることが可能になります。

    注)患者IDなどを指定して、対象のモダリティから得られた検査データを見るためのビューワを起動します。

  • 属性連携

    患者IDとモダリティとを紐付けることで、電子カルテと機器の連携を行う際、機器側でのID入力を省くことができます。

画像ファイリングシステム

PACS

  • 富士フイルム(C@RNACORE)
    起動連携 属性連携 
  • スリーゼット(Caps-Web)
    起動連携 属性連携 

          ※詳しくはご相談ください

  • コニカミノルタ(Unitea α)
    起動連携 属性連携 

その他

  • メディカルイン(RS_Base)
    起動連携 属性連携 
  • Findex(Claio)
    起動連携 属性連携 
  • OsiriX
    起動連携 

    ※導入の際、連携にはWindows10端末が必要です

エコー

  • コニカミノルタ(SONIMAGE HS1)
    起動連携 属性連携 

その他

検査データビューアソフト

  • フクダ電子(FEV-80R)
    起動連携 属性連携 
  • 日本光電(PrimeLinc)
    起動連携 

オンライン診療システム

  • MICIN(curon)
    起動連携 
  • インテグリティ・ヘルスケア(YaDoc)
    起動連携 

予約システム

  • ドクターキューブ(ドクターキューブ)
    属性連携 受付連携 

連携に関するお問い合わせ

『きりんカルテ』の連携機器の今後の対応スケジュール他、対応機器についてのお問い合わせや連携のご相談を受け付けています。

  • 医療機関の皆様

    未対応のモダリティの対応状況を確認いたします。
    以下問い合わせページより、連携を希望するメーカー・型番・モダリティの種類と対応時期を明記し、お問い合わせください。

  • メーカー・企業様

    『きりんカルテ』との連携のご相談を受け付けております。以下の問い合わせページよりお問い合わせください。