きりんカルテ 操作マニュアル

ログイン

『きりんカルテ』へのログインやアカウント情報など、基本操作に関する説明です。

『きりんカルテ』ログインマニュアルを

きりんカルテ 操作マニュアル

ログイン

Ver. 3.01

もくじ

きりんカルテ ログイン


アイコン・ボタン説明

『きりんカルテ』内や操作マニュアル内で共通して表示されるアイコンやボタンについて、それぞれの呼び方と内容についての説明です。

メッセージアイコン

同じクリニックのユーザー同士でメッセージを送るときに使用します。

アカウントアイコン

ユーザーメニューを操作するときに使用します。

編集アイコン

所見欄、オーダー編集やマスタメンテナンス画面などで選択した項目内容を編集するときに使用します。

ゴミ箱アイコン

所見欄、オーダー編集やマスタメンテナンス画面などで選択した項目を削除するときに使用します。

カルテを開くアイコン

カルテを開くときに使用します。

リスト更新ボタン

受付リストを更新するときに使用します。

新規患者登録アイコン

新規に患者様を登録するときに使用します。

カレンダーボタン

カレンダーを表示するときに使用します。

虫眼鏡ボタン

患者様やカルテ、薬剤、オーダーを検索するときに使用します。

薬剤情報ボタン

薬剤情報を確認するときに使用します。


使い方ログイン

操作時の注意点

操作時の注意点1

きりんカルテを操作するときは、個人情報保護の観点から、全画面表示を推奨しています。
全画面状態になると、きりんカルテのアドレスが画面上で確認できなくなるため、万が一の不正アクセスの危険性が低くなります。

【全画面表示にする場合の操作方法】
・Windowsの場合…キーボード「F11」を押下
・Macの場合…キーボード「Control + Command + F」を押下

【全画面表示を行っていない画面】
【全画面表示後】

操作時の注意点トップに戻る

操作時の注意点2

きりんカルテで患者氏名の登録など、漢字を使用する場合に「環境依存文字」になっていないかご確認ください。下記のように登録時にエラーが発生する可能性があります。


患者の氏名等に環境依存文字を登録すると、ORCAで患者の氏名等が正しく表示されません。カタカナか新漢字での登録をお願いいたします。

操作時の注意点トップに戻る

操作時の注意点3

きりんカルテでは、ログインパスワードの管理に関して、以下の通りルールを設けさせていただいています。

  • 初期アカウントのパスワードは必ず変更すること。
  • 設定するパスワードは、半角英数字の混在したパスワード(最低8文字以上)にすること。
  • パスワードは定期的に変更すること。
  • パスワードの使い回しは行わないこと。

操作時の注意点トップに戻る

1.ログイン手順

  1. まずはじめに、Google Chromeを起動します。 Google Chrome
  2. 『きりんカルテ』のURLをアドレスバーへ入力し、ログイン画面を開きます。 (1)ユーザーID、(2)パスワードを入力し、(3)[ログイン]を選択します。
  3. ログイン後の画面です。
    ログインすると画面左側に[外来受付リスト]が表示され、[会計待ちリスト]、[会計済みリスト]は閉じた状態となります。
    [会計待ちリスト]、[会計済みリスト]はそれぞれ選択することでリストを開くことができます。

2.画面説明

こちらが『きりんカルテ』にログイン後、患者を選択したときの画面です。
左半分が受付リストエリア、右半分に選択した患者情報が表示されます。

  1. 「外来受付リスト」

    当日来院され受付した患者の一覧です。受付済み(診察待ち)、診察中の患者が一覧表示されます。
  2. 「会計待ちリスト」

    診察が済み、会計待ちの患者が一覧表示されます。
  3. 「会計済みリスト」

    会計が終了した患者が一覧表示されます。
  4. 患者情報エリア

    各リストから患者を選択すると、その患者情報とメニューが表示されます。
  5. ユーザーメニュー

    画面右上のユーザーアイコンを選択すると「ユーザーメニュー」が開きます。

3.メッセージ機能

スタッフ全員に対して、通知したい事項を送信することができます。

【ログイン中画面】
画面右上の吹き出し形の[](メッセージアイコン)を選択するとメッセージ画面が開きます。

  1. メッセージ作成]を選択し、メッセージ内容を入力します。
  2. 内容入力後、[送信する]を選択してください。
  3. 再度吹き出し型のメッセージアイコンを選択すると、作成したメッセージを表示できます。
    メッセージ左のチェックマーク[]を選択することで、未読[]/既読[]を切り替えることができます。

4.カルテ確定

カルテ確定処理を行うと、確定処理後のカルテの変更が履歴として残るようになります。
カルテ確定処理では、確定のタイミングと時間をクリニックごとに設定することができます。

※カルテ確定権限のあるユーザーで操作してください。

4-1.カルテ確定タイミング

カルテ確定マスタの「カルテ確定タイミング」が「会計終了時」の場合、[会計処理]を選択後、自動でカルテが確定されます。
一方、「カルテ確定タイミング」が「受付画面の確定ボタン押下時」の場合、手動でカルテを確定する必要があります。
これから、手動でカルテを確定する場合の手順をご紹介していきます。

※カルテ確定権限のあるユーザーで操作してください。

  1. 外来受付画面の「カルテ確定」を選択します。
  2. カルテがまだ確定されていない患者の一覧が表示されます。
    外来状況が「会計終了」状態の患者が自動で選択された状態(背景がオレンジ)になります。
    カルテ確定対象から除外したい場合や追加したい場合は、対象の患者を選択することで切り替えることが可能です。
    ※ 画面左上の[全て選択][全て選択解除]も使用可能です。 「カルテを確定しました」というメッセージが表示されます。
  3. カルテ確定処理が終了した患者のカルテを開くと、カルテ上に[](鍵アイコン)が表示されます。 ※カルテを手動で確定していない場合でも「カルテ自動確定時間」になると、カルテ確定が行われます。

4.カルテ確定トップに戻る

4-2.カルテ履歴表示
  1. [カルテ確定マスタ]の「カルテ履歴デフォルト表示」が「非表示」になっていると、カルテの「履歴表示」が下図のように表示されます。カルテの変更履歴を表示するには、[履歴表示]を選択します。
  2. [履歴表示]を選択すると、「履歴表示中」に切り替わり、確定後に編集した内容が表示されます。
    追加した内容は青いマーカー、削除した内容は赤いマーカーと取り消し線が表示されるため、誰がいつどのような操作を行ったかログ(編集履歴)が記録され確認できます。編集履歴は新しいものが上に表示されます。
    ※ オーダー部分も同様に編集履歴が表示されます。

4.カルテ確定トップに戻る

4-3.未会計患者表示

カルテが確定されていても、会計終了していない患者の会計処理ができます。
受付画面の[](カレンダーアイコン)を選択すると、会計終了していない患者がいる日付が赤くマーカーされます。

カレンダーで赤い日付の箇所を選択すると、その日に受付のあった患者の一覧(外来履歴リスト)が表示されます。
会計終了していない患者を選択し、[会計処理]を選択すると、会計処理を行うことができます。 また、その受付に紐づくカルテが確定済みになると、受付画面に[](鍵アイコン)が表示されます。

4.カルテ確定トップに戻る

5.ログアウト手順

  1. 画面右上の[アカウントアイコン]を選択し、ユーザーメニューを開きます。
    ユーザーメニューの最下部にある[ログアウト]を選択します。
  2. ログイン画面が表示されたら、ログアウト成功です。