導入事例・お役立ち記事 information

医療経営を成功に導く5つの秘訣とは?医療コンサルタントが徹底解説 vol.1

お役立ち記事

「そろそろ独立して自分の医院を持ちたい」――そう思い立ったものの、何から手をつけていいかわからないと頭を悩ませる医師の方は意外と多いようです。今回は「ひろせ税理士法人」で医療コンサルタントを務める常田幸男氏と税理士の西本順一氏に、新規開業にあたって大切な5つの秘訣を伺いました。

常田幸男

認定登録医業経営コンサルタント登録番号7130
平成10年 廣瀬伸彦税理士事務所(現ひろせ税理士法人)に入社/副所長
クリニックの新規開業から医療法人化、医業承継まで…院長先生の一生涯にお供します。

西本順一

平成24年 税理士登録。平成19年 ひろせ税理士法人に入社/社員税理士
複数ある税法の中でも、法人税法・所得税法・消費税法を特に得意分野としています。
医業クライアントに対して、最新・最良・最適な税制面でのご提案を致します。

医院の将来を左右する開業場所の探し方とは

開業する際に、最もあげられる悩みにはどのようなものがありますか。

常田場所探しは経営の成功を左右する非常に重要な要素です。よくあるのは、勤務していた病院の近隣で開業するパターンですね。自分が診療していた患者さまをそのまま引き継げるので、最も成功しやすいと思います。一方で、縁もゆかりもない土地で開業する「落下傘型」を選ばれる方もいます。この場合、病診連携が弱くなるのであまりおすすめはしないのですが、どうしてもという方には「半年でもいいので近隣の病院でアルバイトを経験し、地域の雰囲気を把握したり病診連携を強化したりといった下準備をしておくといいですよ」とアドバイスしています。

事業計画は専門家の意見を取り入れながら
自らの想いを反映させる

場所が決まったら、次は事業計画ですね。

常田はい。まずは「何にいくら投資するのか」「資金はどこから調達するのか」を整理するところから始まります。医院はテナント開業なのか、必要な医療機器は購入するのかリースにするのか……など、条件によって必要な資金は変わってきますし、初回の診療費が入金されるまでに約3カ月かかると考えると、最低でも3カ月分+αの運転資金の確保が重要です。これらを踏まえて事業計画に落とし込んでいかなければなりません。

開業後に気をつけるべき点はありますか。

常田医院がスタートしてからは、「医業収益(人数×診療単価)」をしっかり考えて事業計画を練り直す必要があります。さらに、患者さまを月に何人診療したら借入金が返済できて黒字になるのかも大切なポイントです。

西本事業計画は私たち専門家が作れますが、あくまでも金額ベースなので丸投げは危険です。そこに院長先生の想いと納得感がなければせっかく開業しても思うようにいきません。また、計画を作って終わりではなく、開業後に実際の数字と見比べて随時更新していくことをおすすめします。

常田事業計画は厳しめに作るケースがほとんどなのでそれを下回ることはあまりないのですが、今回の新型コロナウイルス流行のように不測の事態がいつ起こるとも限りません。そんなときには私たちも一緒に集患や増患の施策を考えますのでご安心ください。

求人募集は開業告知にもつながる
地域の給与金額も忘れずチェック

新規開業の場合、スタッフはどのように集めるのが良いでしょうか。

常田求人広告がベストな選択です。ただ、給与金額の目安を見誤ると人が集まらないので注意しなければなりません。地域によって金額は異なりますが、受付事務は月20万前後、看護師は月30万前後が一般的と言われています。開業場所の平均給与額を確認したうえで、募集告知を出すようにしましょう。

常田募集の開始時期も重要です。応募する方は1日でも早く仕事を見つけたいと考えているので、応募から開業までの期間が長いと他の病院にとられてしまう可能性があるのです。開業日の1カ月前までにメンバーを集められるようスケジュールを逆算していくといいでしょう。

求人広告はどんな媒体を選ぶのが良いでしょうか。

常田求人サイトのほかには新聞の折り込みチラシや地域情報誌がおすすめです。求人広告は人を募集するためのものではありますが、同時に地域の人々に対する開業告知にもつながります。仮に応募数が少なかったとしても、住民に「もうすぐ新しい病院ができるんだ」と伝えられるのは非常に大きなポイントです。ほかにはハローワークに登録する、縁故採用を利用する手もあります。これらを効果的に組み合わせて理想の人材を確保しましょう。

書類選考時に気をつけるべき点は?

常田1日に面接ができる人数は20人前後までなので、履歴書に目を通す段階である程度は絞っておくと余裕ができます。求人を出すとたまに電話がかかってくることもありますから、業務用の携帯電話を1台用意すると混乱を避けられるでしょう。また、話し方で相手の人柄も見えてくるので電話応対も重要な選考ポイントとなります。

面接の際はどこに着目するのが良いでしょうか。

常田面接官は複数いたほうが様々な視点で判断ができます。院長先生のほかにも奥様やコンサルタントなどの専門家に同席してもらってください。また、面接で聞くのがタブーとされる内容の場合は「お差支えなければ教えてください」とひと言添えるだけで印象が変わりますよ。コンサルタントの立場でよくチェックするのは、職歴に説明のつかない空白期間がないかどうかという点ですね。

西本転職の回数が異様に多い人も要注意です。

vol.2では、スタッフ採用以降の動き方についてコツを解説します。
医療経営を成功に導く5つの秘訣とは?医療コンサルタントが徹底解説 vol.2