導入事例・お役立ち記事 information

導入事例インタビュー
芦屋さくらメンタルクリニック様

※インタビュー記事は、取材時点でのサービス内容に基づいてご回答いただいております。

芦屋さくらメンタルクリニック

院長 上山 直紀 様

兵庫県

院長プロフィール

高知大学医学部卒業後、三重県の桑名市民病院で東日本大震災の災害救命活動や桑名保健所の保健業務に携わる。その後、同県の東員病院で精神科医員として精神疾患や難病の治療で経験を積み、2017年10月に芦屋さくらメンタルクリニックを開業。

カルテをリアルタイムに共有できるクラウド型の良さ

―『きりんカルテ』を導入されたきっかけを教えてください。

開業した当時は、クラウドカルテの黎明期でした。約20種類の電子カルテを比較検討するなか、クラウド型を選んだ最大の理由は遠隔でカルテの確認や追記ができる点です。当時は、自院での診療以外にも他の病院でアルバイトをしていたので、当直室から患者さんの病状把握やカルテの追記ができるのはとても助かりました。なかでも、非常にシンプルなシステムで使いやすく、導入・運用コストが低い『きりんカルテ』は魅力的でした。

―どのように使用されているのでしょうか?

当院では、受付や診療室など15台のPCに『きりんカルテ』を入れています。心療内科や精神科の診察は、カウンセリングが何よりも大切です。特に初診は、時間をかけてていねいに患者さんの目を見ながら診察をする必要があるので、カルテを記入する専門のスタッフ「シュライバー」が同席します。患者さんがおっしゃったことを「SOAP」に沿って一語一句を書き留めるため、カルテが30〜40行になることも珍しくありません。コロナ禍以前は診察室に同席してもらい、シュライバーが書いたカルテを私がチェックしていましたが、今は診療室内の密を避けるためにシュライバーには遠隔で参加してもらっています。同じ画面をリアルタイムに共有できるのもクラウド型の良さです。

シンプルな操作とスムーズな動作が一番の魅力

―よく使う機能は?

「Do入力機能」と「予約機能」は毎日のように使っています。当院は9割以上が再診の患者様なので、過去と同様のオーダー入力をボタン選択ひとつでできる「Do入力機能」にはとてもお世話になっています。また、来院された患者様の次回の予約や電話で受け付けた予約は全て「予約システム」で管理。予約を受け付けていても患者様の約半数は当日ご気分が優れず来院されないこともあるので、常に最新の予約情報を確認しています。

―『きりんカルテ』の良さについて教えてください。

何よりもシンプルな操作性と、カルテの立ち上げや使用中の動作が速いことですね。系列病院では、他社のオンプレ型の電子カルテを使っているのですが、それに比べてもサクサク動いていると思います。

当院での導入時は、まだORCA(※)と一体型で、今よりも動作が遅かったはずです。数年前にORCAと分かれ連動型になったことでカルテ自体の動作は早くなったと感じています。また、連動型になったことで、チェック機能をはじめとしたORCAの機能が全て使えるようになりました。
移行時には、他社の電子カルテへの変更も検討しましたが、予約システムが一体型であるクラウド型電子カルテは『きりんカルテ』以外になかったことが、継続の決め手でした。

※ORCAは、日本医師会ORCA管理機構株式会社の登録商標です。

診療に合わせたカルテにカスタマイズ

―心療内科ならではの使い方はありますか?

精神科だと、一人一人完全にオーダーメイドの処方になるため、診察セットを使うことはあまりありません。ただ、患者様に診断書を作成する際は、付箋アプリからのコピー・アンド・ペーストを活用しながらカルテを編集しています。あらかじめ付箋アプリ内にいくつかのパターンでフォーマットをつくっておき、例えば休職の診断書が必要な患者様がいらっしゃった場合には、そのフォーマットを使ってカルテにコピー・アンド・ペーストするイメージです。コピー・アンド・ペーストができない電子カルテもありますが、『きりんカルテ』なら心配ありません。

―改良点や希望する機能はありますか?

カルテのレセプトチェックの精度をさらに上げていただけると嬉しいです。今も薬剤名や病名の記入漏れのチェック機能はあるのですが、精度は他社製品に比べて少し弱いように感じています。この点が改善されれば、他に欠点は思いつかないほど満足しています。

―最後に、導入を検討する開業医の先生へメッセージをお願いします。

心療内科や精神科の開業を検討されている方にとっては、『きりんカルテ』を選ばない理由はありません。実際に私も開業以来ずっと愛用していますし、ドクターの友人にも紹介してみんなで『きりんカルテ』を使っています。コスト面も使い勝手も申し分なく、開業を目指すドクターには強い味方です。

(2022年1月25日)

芦屋さくらメンタルクリニック

気分障害や強迫観念、統合失調などの精神的サポートを含めた治療を実施しており、禁煙治療にも力を入れています。患者の性格や経験、家族背景を考慮し、細かなニーズに応じた治療が特徴です。

診療科目

心療内科、精神科、神経内科

住所:〒659-0024
兵庫県芦屋市南宮町6-22 コミカ南宮ビル2F

TEL:0797-61-5399
URL:http://ashiya-mental.biz/
※Webサイトから完全予約制