導入事例インタビュー
芦屋さくらメンタルクリニック様

芦屋さくらメンタルクリニック

上山 直紀 様

兵庫県

院長プロフィール

高知大学医学部卒業後、桑名市民病院で東日本大震災の災害救命活動や桑名保健所の保険業務に携わる。その後、東員病院で精神科医員として精神疾患や難病の治療で経験を積み、2017年10月に芦屋さくらメンタルクリニックを開業。

  • クリニックの特徴を教えてください
  • うつ病や双極性障害などの気分障害をはじめ、パニック発作、強迫観念や強迫行為、統合失調症など精神疾患全般を治療しています。患者様の話を聞いて、悩みを明らかにしていき、ゆっくり乗り越えられるようサポートします。最近の特色としては、産後うつや、会社でのオーバーワークで動けなくなってしまうなど、適応障害の人が多い。都市部なので、地元だけでなく大阪や神戸から来院する患者様もいます。
  • 『カルテZERO』に決めた理由はなんですか
  • 開業するときに、電子カルテの比較サイトで30個ほど比べてみました。当初は違うメーカーのものにしようと思っていたのですが、実際に『カルテZERO』をお試しで使ってみると、思った以上に使いやすかったのです。気に入っている点は、クラウドなので安全性が高い点と、カルテを利用する端末の増設が簡単にできる点です。他のクラウド型だと制限があるものもあります。当院は、スタッフそれぞれが保険証の番号や経歴を入力し、電子カルテを見ながら受付業務をするので、スタッフひとりにつき電子カルテがひとつ必要なんです。無料でどんどん増やせて、今では3部屋にカルテが7台あります。初期導入もランニングも、患者数が増えても費用が全く発生しないので『カルテZERO』の導入を決めました。
    予約リストが見やすく、入力が簡単なのも気に入っています。
  • 導入時に困ったことはありましたか
  • ひとりで簡単に設定でき、問題はありませんでした。設定にかかった時間は5分ほどです。クライアント証明書をパソコンに取り込み、メールでもらっていたURLにアクセスするだけ。本当にインターネット環境とパソコンさえ準備すれば使えました。特に2台目以降はよりスムーズに導入できました。ただ、最初は使い方を聞くために何度も電話をかけましたね。私を含め、当院のスタッフは医療事務については素人だったのです。それでも丁寧に教えてくれて、無料でここまでしてくれるのかと驚きました。
  • 今後の『カルテZERO』に期待することは何でしょうか
  • 一度入力したものが予測機能で自動入力されるようになれば、さらに使いやすくなると思います。精神科と心療内科は同じ処方が多いんです。薬の名前だけ入れると「夕食後何回、何ミリ」などの用法用量がすぐに出てくる機能があればさらに仕事がはかどるでしょうね。あとはデザイン。正直少しダサいと思うので、色味を変えたり線に丸みを帯びさせたり、少し改善したら今まで以上に多くの人が使いたくなるような電子カルテに変わると思います。
  • 導入を検討している人へアドバイスをお願いします
  • 精神科と心療内科は、カルテの記録を残し、オーダーを出すのがメインなので『カルテZERO』はとても合っていると実感しています。

    また、開業時の費用もかなり抑えることができました。有料の電子カルテの場合、パソコン1台ごとにコストが発生します。当初はパソコン3台にプリンター込みで300万円ほどで考えていました。『カルテZERO』のおかげで予定の10分の1以下に抑えることができ、自己資金のみで開業できたんです。浮いた費用は高級オフィスチェアを買うなど他のところに回せています。自己資金で開業される人が多いので、完全無料で導入できる『カルテZERO』はそんな医師たちの味方です。

(2018年5月8日)

芦屋さくらメンタルクリニック

気分障害や強迫観念、統合失調などの精神的サポートを含めた治療を実施しており、禁煙治療にも力を入れています。患者の性格や経験、家族背景を考慮し、細かなニーズに応じた治療が特徴です。

診療科目

心療内科・精神科・神経内科

住所:〒659-0024 
兵庫県芦屋市南宮町6-22 コミカ南宮ビル2F

TEL:0797-61-5399

URL:http://ashiya-mental.biz/