カルテZERO 操作マニュアル

診察セット

利用頻度の高いオーダーや所見等をセットとして用意しておくことで、カルテに都度入力する手間を省くことができます。診察セットには各種オーダー(処方、予防接種、文書など)、所見内容、病名をまとめて用意しておくことができます。

マニュアルをPDFでダウンロードする。

  

目次

カルテZERO操作マニュアル

診察セット

ver2.1

目次

セットの新規作成・・・・・・・・・・・4
セット編集・・・・・・・・・・・11
よくあるご質問・・・・・・・・・・・26

アイコン・ボタン説明

『カルテZERO』内や操作マニュアル内で共通して表示されるアイコンやボタンについて、それぞれの呼び方と内容についての説明です。

メッセージ
アイコン

同じクリニックのユーザー同士でメッセージを送るときに使用します。

アカウント
アイコン

ユーザーメニューを操作するときに使用します。

編集アイコン

タイムライン入力画面、オーダー編集やマスタメンテナンス画面などで選択した項目内容を編集するときに使用します。

ゴミ箱アイコン

タイムライン入力画面、オーダー編集やマスタメンテナンス画面などで選択した項目を削除するときに使用します。

カルテを開く
アイコン

カルテを開くときに使用します。

リスト更新
ボタン

受付リストを更新するときに使用します。

新規患者登録
アイコン

新規に患者様を登録するときに使用します。

カレンダー
ボタン

カレンダーを表示するときに使用します。

虫眼鏡ボタン

患者様やカルテ、薬剤、オーダーを検索するときに使用します。

薬剤情報ボタン

薬剤情報を確認するときに使用します。

使い方 診察セット

1-1セット登録

《留意点》
・セットの新規作成は、カルテ画面でセット内容に含めたいオーダーや所見、病名が登録されている状態で行います。
・事前にセット登録を行う場合は、誤登録を防ぐためテスト患者をご利用ください。
・診察セットは、保険診療カルテ用、自由診療カルテ用とそれぞれご用意が必要になります。保険診療カルテで登録したものは、自由診療カルテでは利用できません。逆も同様になります。

カルテ画面右メニューより「診察セット新規作成」を選択します。

カルテ種別が自動で設定された状態で診察セット新規作成画面が表示されます。

※保険診療カルテから「診察セット新規作成」を選択した場合は「保険診療カルテ」、自由診療カルテから「診察セット新規作成」を選択した場合は「自由診療カルテ」が自動で設定されます。

登録済のカテゴリの中から選択、または新規でカテゴリ名を入力します。

※カテゴリ名は全角20文字まで入力が可能です。

登録する診察セットの名称を入力します。

※診察セット名は全角20文字まで入力が可能です。

「登録する」を選択します。


《留意点》
・文書の書式もセットに含めることができますが、患者様の氏名や住所は保存しておくことができません。詳しくは3-2.セット登録した文書に反映される項目についてをご確認ください。
・セット内容に病名を含める場合、開始日がセット登録時に開いているカルテの日付と同一日の病名のみセットとして登録されます。

1-2セット入力

セット内容を反映させたいカルテを開いて、カルテ画面右メニューより「診察セット登録」にマウスのカーソルを移動させます。

診察セットのカテゴリが表示されますので、カルテに反映したいセットを登録したカテゴリ名にマウスのカーソルを移動させます。

カテゴリに登録済のセットが一覧表示されますので、登録したいセット名を選択してください。


《留意点》
・セット内容に病名が含まれる場合、セット入力したカルテの日付と同一日が病名の開始日となります。
・セット入力を行った際に表示される実施情報(未処置、処置済)は、管理メニュー>クリニックマスタ>実施ステータス初期値で設定されている実施情報が表示されます。

2-1セット内容の編集

カルテ画面右メニューより「診察セット登録」を選択します。

画面左側のカテゴリ名より編集を行いたいセットのカテゴリを選択します。

診察セット名より編集を行いたいセットを選択します。

画面下部の「編集」を選択します。

診察セット編集画面が開きます。(カルテ画面の枠が赤色の状態です)

病名、所見、オーダーの編集を行います。

セット内容の編集が終わりましたら、画面左上の「上書き登録」を選択します。

保存が完了しましたら、「閉じる」を選択します。

2-2セットの別名保存

セットの編集画面からはセットを複製して別名で保存することができます。登録済みのセット内容と類似しているセットを作成したい場合等に便利です。

例:インフルエンザA型のセット内容を編集し、インフルエンザB型のセットを作成する

元となるインフルエンザA型用のセットを開いて内容を編集します。編集の手順については2-1.セット内容の編集をご参照ください。

セット内容の編集が終わりましたら、画面左上の「別名登録」を選択します。

診察セット別名登録画面が表示されますので、登録済のカテゴリの中から選択、または新規でカテゴリ名を入力します。

登録する診察セットの名称を入力します。

※診察セット名は全角20文字まで入力が可能です。

「登録する」を選択します。


※セットの並び順は次の優先順位で表示されます。
1番目:診療科の順番
2番目:登録した順番

2-3カテゴリ・セット名変更

登録済みの診察セットのカテゴリやセット名の変更を行いたい場合は、診察セット登録画面から変更できます。

カルテ画面右メニューより「診察セット登録」を選択します。

画面左側のカテゴリ名より編集を行いたいセットのカテゴリを選択します。

診察セット名より編集を行いたいセットを選択します。

画面下部の「カテゴリ・セット名変更」を選択します。

カテゴリ・セット名変更画面が表示されます。初期表示は選択したセットに設定されているカテゴリとセット名が表示されます。

登録済のカテゴリの中から選択、または新規でカテゴリ名、診察セット名を入力します。

※カテゴリ名は全角20文字まで入力が可能です。

「登録する」を選択します。

よくあるご質問

診察セットについて、よくあるご質問と対応方法をお答えします。

3-1.セット入力時に薬剤量が自動で変更されてしまう場合
3-2.セット登録した文書に反映される項目について

3-1セット入力時に薬剤量が自動で変更されてしまう場合

処方オーダーの薬剤量はセット内容を優先するか、セット入力を行うカルテの患者様の年齢/体重に応じて自動計算するかを設定することができます。セット入力時に、セットに登録した薬剤量が自動で変更されてしまう場合、管理メニュー>スタッフマスタ>薬剤自動計算設定が「自動計算優先」に設定されている可能性があります。以下の設定のいずれかにご変更ください。
※設定はアカウントごとに行うことができます。

自動計算優先:セット入力を行うカルテの患者の年齢/体重に応じて自動で薬剤量を自動計算します。

セット内容優先:セット登録の内容を常にカルテに反映させます。

自動計算優先(確認メッセージ有):セット入力を行うカルテの患者様の年齢/体重に応じて薬剤量を自動計算しますが、セット入力時に確認メッセージを表示します。

3-2セット登録した文書に反映される項目について

文書を登録した場合は、病名なども記載のままセットに保存されます。セット登録時には、カルテごとに記載が異なる項目は極力未入力の状態にして保存することをお勧めします。患者様の住所やクリニックの情報は、セットを入力した時点の情報が自動的に文書に反映されます。