導入事例インタビュー
浦安わかくさクリニック様

浦安わかくさクリニック

織茂 圭祐 様

千葉県

院長プロフィール

慶應義塾大学医学部卒業後、下総精神医療センター、久里浜医療センター、慶神会武田病院などで急性期・慢性期の一般精神科・認知症病棟を担当。りんかい豊洲クリニックでは院長職を務め、外来診療・訪問診療に尽力。分院のりんかい月島クリニックでは外来業務の他、リワーク担当医も務める。2018年1月に浦安わかくさクリニックを開業。

  • クリニックの特徴を教えてください
  • 気分障害を中心とした精神疾患患者さんの社会復帰を目指した治療をしています。浦安には、仕事のストレスで心の病を患い、精神科医を必要とされている方が多かったのです。体が不自由な方や高齢者のために訪問診療・看護も始めました。より地域に密着した精神医療を広めることが目標です。
  • 『カルテZERO』を知ったきっかけは何でしょうか
  • インターネットで検索していて、たまたま『カルテZERO』を見つけました。1月に開院した際は別の電子カルテを使っていたのです。それがうまくいかなくて、いったん紙カルテに切り替えていたのですが、患者さんの人数が増えるにつれ、必要な診療情報がすぐに引き出せる電子カルテでないと管理は厳しい、と感じるようになりました。だからといって、当初使っていたメーカーのような、サポートスタッフが頻繁に調整に来る事態は避けたいと思いました。訪問診療もしているので、クラウド上でデータ管理できるレセコン一体型の電子カルテを探していたところ、日本医師会のサイトで紹介されていたのです。他のメーカーとも色々比較検討して、最終的に『カルテZERO』に決めました。
  • 導入の決め手は何でしたか
  • 一つは予約システムがあったことです。予約の変更が多いので、予約機能がカルテと連動していないと、結構不便なのです。患者さんの連絡があって予約を変更するときにも、カルテに反映されるので便利です。もう一つの決め手はレセコンと電子カルテが一体型になっていることです。一度に入力と予約ができて、会計までこなす。基本的な機能が使いやすく「これはいいな」と思いました。お試し版で導入前のシミュレーションを行い、診察時の動作を最初から最後まで試せたので安心しました。
  • 導入に不安はありましたか
  • 以前使っていた電子カルテでトラブルが多かったので、とても心配でした。『カルテZERO』が無料のサービスだと知り、「無料より高いものはない」のではないか、サポートがきちんとしているか、ことさら不安でした。でも、どうして無料なのかについては、丁寧に説明してくださったので安心しました。さらに、背中を押してくれたのは『カルテZERO』を使っている、友人の医師でした。信頼する友人が「『カルテZERO』は操作がスムーズでサポートもしっかりしているよ」と言ってくれて、迷いがなくなりました。
  • 気に入っている点はありますか
  • 操作がシンプルで使いやすいところですね。無料だと思えないほど基本的な診療に必要な機能が全部そろっていて、訪問診療の際にも大活躍です。撮影アプリを使えば、訪問先でもすぐに記録できる。保険証を撮っても個人の携帯にはデータは残らず、クラウドにのみ保存されるので端末から個人情報が流出する心配もありません。撮影だけでなく、タブレットでカルテまで作成できれば、帰ってから記入する手間が省けて良いのに、と感じます。
  • 増やしてほしい機能はありますか
  • 文書のテンプレートを増やしてほしいですね。精神科は文書が多いのです。県や市によって形式が違うので、自分たちで登録できるとありがたいです。あとは間違った時に元に戻す機能ですね。薬の処方日数などを間違えていたときに、一度会計を通してしまったカルテは訂正するのに苦労します。修正するときのステップがもっとスムーズになれば使いやすくなると感じます。
  • 今後の『カルテZERO』に期待することは何でしょうか
  • このモデルでのサービスを続けてほしいです。ただ、もし有料になっても、現在の水準の製品であれば、ほとんどの先生は継続すると思います。
  • 導入を検討している医師へアドバイスをお願いします
  • 個人的な意見ですが、小さな診療所であれば電子カルテシステムのために何百万円という投資をする必要はないと思います。電子カルテに多額の資金をかけてセットアップして、何年かして更新、というのは、小さな診療所で使うには負担が大きいです。安いから不安、と考える先生もいらっしゃると思いますが、私は最初に高いお金を出して失敗しているので、同じようにはなって欲しくないと思います。『カルテZERO』は無料ですから、まずは使ってみて欲しいです。その際に、電子カルテだけのデモで判断するのではなく、レセコン、会計までみた上で決めるべきです。実際の診療イメージができれば、後悔のない選択になると思います。

(2018年6月21日)

浦安わかくさクリニック

気分障害や躁うつ病、妊娠・産後のメンタルケア、物忘れなど精神疾患を広く診療。日本医師会認定産業医の資格を持ち、職場でのストレスによる疾患の治療に力を入れています。

診療科目

心療内科・精神科

住所:〒279-0001
千葉県浦安市当代島1-1-11 フォーレストビル5F

TEL:047-316-8008

URL:http://www.ne.jp/asahi/urayasu/wakakusa/