導入事例インタビュー
神足クリニック様

神足クリニック

神足 正道 様

兵庫県

院長プロフィール

島根医科大学入学後、再受験して入学した大阪市立大学医学部を卒業。救急診療と一般内科を専門に学ぶ。その後、夜間帯に救急指定病院で救急診療を、日勤帯に麻酔科、精神科、整形外科と転科し、経験を積む。2016年9月に開業した。

  • クリニックの特徴を教えてください
  • 在宅医療を中心に診療しています。今までさまざまな病院で働き、救急診療をベースに各診療科目の専門性を深めてきたので、診察領域が広く深いことが特徴です。たとえば、通常なら入院する脊椎麻酔や全身麻酔が必要な処置でも、神経ブロックを使って外来で診療できます。認知症やほかの精神疾患を抱えた患者様も、精神科があるので受け入れることができ、内科的管理や外科的処置、褥瘡処置まで対応しています。
  • 『カルテZERO』の導入のきっかけを教えてください
  • 開業してからしばらくは出張麻酔だったのでカルテを使っていなかったのですが、外来や在宅医療が始まりカルテが必要になりました。そこでインターネットで電子カルテを調べたんです。

    他にも5つほど検討しました。実際資料請求したのが3つ。正直、最初は『カルテZERO』は避けてたんですよ。無料って書いてあるし、めっちゃ怪しいじゃないですか(笑)。完全無料だから試しに使ってみようぐらいの軽い気持ちでしたが、実際に使用してその使いやすさに驚きました。

    WordやExcelなどを扱える人なら、説明を受けなくてもすぐに使えると思います。今までに7つの電子カルテを使ったことがありますが、中でも『カルテZERO』は何の問題もなく使うことができました。Officeソフトやインターネットのブラウザなど、普通のパソコン操作ができる人だったら説明を受けなくても使える。それが大きな決め手になりましたね。
  • 導入する際に困ったことはありましたか
  • 全くありませんでした。クライアント証明書をダウンロードして利用するパソコンへ取り込み、送られてくるURLへログインするだけなのでとてもシンプル。設定にかかった時間は5分から10分ほどです。スタッフのパソコンにも設定作業をしなければならなかったのですが、簡単にできました。
  • 実際に使ってみて気に入っている点はありますか
  • サポート専用チームの担当者たちとやり取りがスムーズにでき、スピード解決してくれる点です。さらに、どの担当者も『カルテZERO』に対する知識が豊富。そこが信頼にもつながっています。何回電話しても丁寧な対応で解決するまで付き合ってくれる。いつでもこちらが望む以上のサービスを提供してくれるんです。

    機能面でいうと、非常にシンプル。操作に癖がない。癖がなく誰にでも簡単に操作ができるため、自身はもちろん、職員に対して研修やその他の教育指導の時間が最小限で済むということ。これは無料であることより大きいと思います。
  • 今後の『カルテZERO』に期待することはなんでしょうか
  • 外来で使うときは、困ったことはひとつもなく仕事がはかどっているので、システムやデザインは改良せずに今のままであってほしいと思っています。画面を見たほかの先生も「シンプルでいいね」と言ってくれました。

    ただ、もっと在宅医療でも便利に使えるように改善してほしいですね。在宅医療は外来と違って、診療がすべて終わってからまとめてカルテに記入します。入力作業はパターン化されているものが多いので、是非とも一括で処理できる機能がほしい。在宅の機能で、オーダリング、会計処理、処方箋発行、収納処理が定型的にできれば非常にありがたいです。今は人員を増やして乗り切っていますが、職員の他の仕事への振り分けや、コストカットもできるようになる。そうなると、今後在宅医療においてもさらに便利なものになっていくのだろうと考えています。

神足クリニック

山陽電鉄本線藤江駅より徒歩15分のクリニックです。在宅医療をメインに、精神科、内科、整形外科、麻酔科、ペインクリニックなど幅広く診療しています。

診療科目

麻酔科・精神科

住所:〒673-0044
兵庫県明石市藤江1270

TEL:078-922-4793